霊感ゼロでも運気が上がる!ガチ初心者が綴るスピリチュアルな仏ブログ

供養 先祖・供養

【スピリチュアル】友人や知人が急死…残された人間が注意すべきこととは?

投稿日:

こんにちは!
つらたんです。

さて、今回はちょっとばかし重~いお話。

ある日突然知人や友人など、自分に関わりのあった方が亡くなった場合、皆さんどういう気持ちを持たれますか?

僕自身、これまでそんなこと考えもしなかったんですけど、とある出来事とコージさんの話から少々ギャップを感じたので、ちょっとだけ書きたいと思います。

ギャップと言うのは、生きている人間が亡くなった人間に対する感覚、考え方的な部分です。

あっ、予め言っておくと、信じなくて全然良いです。

ただ僕はこのことを知らなかったので、もしかすると今後参考になる方もいらっしゃるんじゃないかと思い書くことにしました。

ですので、参考程度に読んで頂ければと思います(^ω^)




1. 故人に対する気持ち

人間生きていると、何の前触れもなく友人や知人・職場の同僚など、自分に人生に関わった方が、ある日突然亡くなってしまうことってあると思います。

ずっと入院していた、長いこと闘病していたというケースではなく、事件や事故、急病などで突然不幸があった場合の話です。

きっと誰もが訃報を受けた時は驚いて、

悲しくなったり、

心がそわそわして落ち着かなくなったり、

故人のことで気持ちがいっぱいになってしまったりするじゃないかなと思います。

そういう時、みなさんは故人に対してどのように思いますか?

「可哀そうに…」

とか、

「この前会った時はあんなに元気だったのに…」

とか、故人に対して同情?というか、ついつい気持ちを寄せてしまいませんか?

まあ、当たり前ですよねw

そういう僕も、数年前に職場の部下が亡くなりました。

彼は僕より2つ年下で、まだ二十代という若さです。

自室で心筋梗塞を起こしたらしく、亡くなっているところをご家族に発見されたとのことでした。

僕は同年代の死に直面するのはこれが初めてで、自分とさほど歳も変わらず、ずっと一緒に働いていたのに、ある日突然亡くなってしまったわけです。

歳も近いせいか、心の準備もなく突然彼の人生が終わってしまったことについて、訳も分からず凹みました。

彼には彼女がいたのですが、その彼女も僕の部下だったので、どちらも見知っているので尚更です。

訃報を聞いた当時の僕はやっぱり、ついつい彼のことを考えてしまったし、

まだ若いのに無念だったろうなあ…

とか、

可哀そうに…

とか、

何か出来る供養があれば、やってあげたいなあ…

とか思いました。

きっとこれ、人として自然な感情と言うか、そういう気持ちを持つのは普通だと思います。

でも、コージさん曰く、このようなケースの場合、「同情・感情移入」や「行動」は控えたほうがよい場合もあるみたいです。

2. 妹の友人が亡くなった話

先日、妹の友人が突然亡くなりました。

その方は結婚をして子供もいたのですが、ある日突然お子さんと一緒に亡くなってしまったのです。

僕自身はその方と面識はありませんが、動揺した妹がその日の夜、僕に電話を掛けてきてその事を知りました。

その時の妹の情緒不安定ぶりと言ったら結構なもので、電話口で突然泣き出すレベル。

友人と言っても、特別そこまで親しいというわけではなかったそうなのですが、

  • 自分と同い年だったこと。
  • 自分と同じく子供を持つお母さんだったこと。
  • 自分の子供と年の近い子供も亡くなってしまったこと。

という「自分と似た境遇」だったことから過剰に同調してしまい、涙するほど強く感情移入していました。

特に、自分の子供と重なって、亡くなってしまった子供が不憫に感じたようです。

妹がなんだかヤバいくらい凹んでいたので、コージさんに事情を話して相談してみたところ、意外な答えが返ってきました。

「今は何もしないほうがいいです。この人たちが天国にいけるように祈ってあげてください。下手に動くとヤバいよ」

とのこと。

え?(´・ω・`)

ってなりました。

もし故人の為に何か出来る供養があれば、教えて欲しいと思っていたからです。

例えば、お線香とかお経とか。

でも、コージさん曰く、

「気持ちは痛いほど分かるけど、今動くと妹さんに来ちゃうから。何もせず今は静かに手を合わせるくらいにして」

「本人たちは死んだことすら気付いていないから。その内できることがあると思います」

とのことでした。

つまり、生きている側からすると、つい故人に強く気持ちを寄せてしまったり、供養をしてあげたいと思いがちだけど、それが良い事とは限らないみたい。

もちろんこれは、突然亡くなってしまったという今回のケースの話なので、一概には言えませんが。

恐らく、故人の亡くなり方や、故人と自分との関係によっても変わってくるんじゃないかなと思います。

例えば、亡くなった方が家族だったり、しっかり心の準備が出来てから亡くなった方とかだったら、また違ってくるんじゃないかな、と。

長生きして、人生に大満足していて、大往生で亡くなった場合なんかは該当しなさそうですしw

コージさんから聞いた話を妹に伝えると、すっかり気持ちが落ち着いたようで、さっきまでの動揺が嘘みたいにコロッと普段の妹に戻りましたw

コージさんの話を聞いて、気持ちの踏ん切りがついたようです。

果たしてコージさんがすごいのか、妹が単純なのか…w

3. その日、僕が見た夢

ちょっと関係があるのかは分からないんですけど、実は妹の友人が亡くなった当日、僕はちょっと不思議な夢を見ました。

自分が死ぬ内容の夢です。

普段夢を見ない、覚えてない事が多い僕にとって、あまりにも強烈だったので鮮明に覚えていました。

どんな夢かと申しますと…

夢の中の僕は眼鏡をかけた男性?少年?だったのですが、首吊り自殺で亡くなりました。

なぜ自殺なのかは不明、というか夢の最初の時点でもう死んでたw

で、自分が死んでしまったことに気付いて、それはもう猛烈に後悔するんです。

あー、もう親父やお袋や妹に会うことが出来ないんだー(´;ω;`)

とか、

もう取り返しがつかないんだー(´;ω;`)

とか、

自分が死んじゃって親父やお袋、大丈夫かなー(´;ω;`)

とか、

この顔や体では、もう二度と人生を送ることはないんだー(´;ω;`)

とか。

もう悲しいわ、後悔しまくりだわ、心がやりきれなくて泣けてしまうくらい自責しまくりなんです(^ω^;)

しかもその悩み方が妙にリアル!w

で、気付いたら20~30人の男女がいる居酒屋の座敷席みたいなところにいましてw

そこには年を召した方もいれば、二十代位とおぼしき方など世代や性別はバラバラ。(なぜか子供はいない)

そこで、みんな雑談したりお酒飲んだりしてて、ガヤついています。

その人達はみんな見たことのない初対面の人たちばかりなんですけど、僕はその人たちのことをなぜか昔から知っていて、その場所が「生まれ変わるのを待つ場所」であるという事もなぜか分かるんですw

で「今回の人生、お疲れ様だったね」みたいな雰囲気w

その時、夢の中で僕が理解した構図がこんな感じでした。

  1. 人生が終わる
  2. 居酒屋みたいなところ?で生まれ変わるのを待つ
    (居酒屋に居た人たちはみんな自分のソウルメイト?魂の兄弟?で、みんな亡くなるとこの同じ場所にまた戻って次の転生を待つ。だから顔は知らなくてもお互いの事を知ってる感覚)
  3. 順番が来たら転生し、その人生を全うする
  4. 1に戻って繰り返す

つまり、輪廻転生なんですけど、なぜ居酒屋っていうw

ここでいう理解したというのは、以前北茨城の神社を参拝した際に「なぜか心で歓迎されていると感じた」と書いた時と同じ感覚で、頭で理解する前に心で理解するといった感じです。
関連記事:紅葉が有名な穴場的パワースポット!北茨城【花園神社】行ってみた!ぶらり寺社巡り

なぜか分かる、昔から知っていたけど忘れてたという感覚。

その時はまだ妹から連絡を受けていなくて、妹のご友人が亡くなった事は全く知らなかったのですが、

なんとその夢を見たのが妹の友人が亡くなった当日!

しかも、後から聞いたら、

その方が亡くなった時間帯と同じ時間帯でした!!

えーっ!?( ºωº ; )

ってなってw

普段夢をほぼ覚えていないのに鮮烈に覚えてるし、今まで見たことのない類の夢だし、内容も関係ありそうだし、しかも亡くなったのと同じ日時に見るとか…

ちょっと無関係とは考えにくくて、

何か意味がある夢だったのでは?(´・ω・`)

と勝手に思ってます。

でも僕、故人と面識ないんだよなあ…(^ω^;)




という訳で、今回は「残された人間が注意すべきこと」について書いてみました。

いやあ、目から鱗でしたねw

本当はこの話、確かな事は言えない部分もあるので書くか迷ったりもしたんですけど、僕も含め今後そういう場面に遭遇する方もいらっしゃると思うので、お役に立てばと思い書かせて頂きました。

そもそも、こういうスピリチュアルな内容に確かさを求めるってのもナンセンスだけどw

故人の亡くなり方にもよると思いますが、今回のように急に亡くなられた方の場合、何もしないほうが良い場合もあるんですねぇ…

恐らく僕がこの事を知る前に、知人や友人が急に亡くなってしまっていたら、成仏出来るようにとお寺に行って写経をしたり、仏様にお願いしていただろうなあ、って思います。

なかなか気持ちの整理が難しいけど、気持ちを切り替えて静かに手を合わせる位にしておいたほうが良い時もあるんだなあ、とちょっとした学びになりました(´・ω・`)

あと、夢のタイミングが不思議だったんだよなあ…

なんだったんだろう、あの夢…(^ω^;)

あっ、僕は霊感ゼロですし聞いたことしか書けませんので、本当に信じなくて全然大丈夫ですw

ただ「こういう話もあるよ」という事でw

もし今回のケースと同じような場面が訪れた際に、ちょっとした参考になればと思います。

ではまたー!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

レクタングル

レクタングル

-供養, 先祖・供養
-, , ,

執筆者:


  1. ガーベラ より:

    つらたんさん、こんにちは!

    妹さんの心中、お察しします…。
    急死に関わらず、誰かが亡くなった時って、故人が寂しくて想いを寄せてくれた人を連れて行ってしまう、と言いますからね。
    何かしてあげるのは、納骨などが全て終わって落ち着いてからの方がいいかも知れませんね!

    そしてつらたんさんが見た夢、不思議ですね。
    私は以前、亡くなった祖父が夢に出てきて涙を流していました。
    なんだろう?と思ったら、そのあとすぐ祖父が飼っていた犬が亡くなりました。
    偶然かもしれませんが、夢にメッセージを残してくれる事ってあるんだと思います。

    • tsuratan tsuratan より:

      ガーベラさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます。
      はい、僕も何かするのであれば、せめて四十九日は最低過ぎてからのほうが良いのかなって思いました。

      そうなんですよー(^ω^;)
      面識もないのに、なんだか妙に夢の内容がタイムリー過ぎて、電話で話を聞いた時に「え?」ってなりましたw
      ガーベラさんの夢も不思議な一致ですね。
      やっぱ寝ている間はそういうの感じやすくなってるのかもしれないですねw

  2. りりこ より:

    つらたんさん、こんばんは(^_^)

    今回の記事の話を読んで、よしもとのお笑い芸人(兼霊感芸人)シークエンスはやともさんの話を思い出しました。
    かなり霊感が強い方で、自身の体験をまとめた『ポップな心霊論』というコラムを書いているのですが、実家の火事で亡くなった犬が幽霊になって新居に戻ってきた話(亡くなったことに気付かず、引っ越し先を探して自ら帰ってきたそう。今も実家に霊となって住んでいるそうです。)や、急逝した彼氏に連れていかれそうになり体調を崩した若い女の子な話などがありましたよ。
    私は科学も好きなのですが、自分も昨年不思議な体験を身をもってしましたし、愛犬が亡くなった時は家族全員に挨拶に来てくれたので、本能で感じ取る見えない世界もあるんだろうな、と思っています。

    あの世?で時空をこえて故人やこれから会う人に遭遇する話も、彗星捜索家の木内鶴彦さんの体験談の著書に出てきていましたが、多分私たちって、たまたま物質(肉体)をもって生まれたけれど、要は可視化できるもので存在しているだけの自然発生的1エネルギーなんだろうなぁ、と思っています。
    数理物理学者の保江邦夫さんの話なども非常に興味深いです。
    本当に世の中、不思議な出来事だらけですね、、、

    ★子安神社の普段の御朱印500円の間違いかもです!財布にピッタリ残ってて、笑いました。

    • tsuratan tsuratan より:

      りりこさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます!
      へえー、初めて聞く芸人さんですねw
      そんなに霊感強いのに、なぜ芸人なのかw
      てか、そういう体験をいくつもしちゃうほど霊感が強いってのも、それはそれで大変そうw
      コージさんは普通が一番!って言いますけど、霊感ゼロの自分からすると霊感ってやつを持ってみたいなーって思ってみたりw
      世の中うまく行かないもんですねw

      子安神社の御朱印、500円って高っけえなあーって思った記憶があるので、たぶん間違いない…はず?w

  3. 椿 より:

    つらたんさん、こんばんは!

    最期が近いと分かっていてもいざその時が来れば動揺してしまうものですから、突然のことであれば尚更でしょうね…
    成仏させたりとか出来ないのに下手に同情してはいけないというのはよく聞きます。故人を心配させてはいけないという意味でも、ただ静かに冥福を祈るのが一番かもしれませんね。

    つらたんさんの夢も、確かに私も今死んだら…と思うとすごく共感しました。
    「あーもう◯◯なんだー」と絶対思うと思います…
    今こうして生きてるのって、すごい奇跡なんだなぁと改めて思いました。
    しかし何故居酒屋(笑)
    私お酒飲めないんだけど大丈夫かしら( ̄▽ ̄)

    あ、私にも水子の兄姉(私が末っ子)がいたのですが、つらたんさんのブログ見て私も38日仏壇にお供えしました!
    で、後日写経をした時、念のため水子の供養をお願いしました。
    (たまたま行った寺が写経できるところで、見ているうちに写経せなあかん!みたいな気持ちにとらわれまして…)
    母とかはそういうの懐疑的なんで私一人でやりましたが…兄姉達、無事に上がれてるといいなぁ。

    • tsuratan tsuratan より:

      椿さん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!
      あ、やっぱり同情してはいけないって聞きますかー( ‘ω’ )
      そういう気持ちをつい持ってしまいがちなので、この事を知らないとやっちゃいますよね(^ω^;)

      そう、夢の中での後悔具合がスゴかったですよ!w
      特に取り返しのつかない感、やり直せない事への絶望感がハンパなかったです。
      居酒屋にはソフトドリンクもあるから、大丈夫ですよきっとw

      おお、なんか僕と似てますね!
      椿さんにも亡くなられたご兄姉がいらっしゃったんですね。
      いやあ、絶対喜んでると思いますよ(^ω^)
      もし僕が生まれる前に亡くなってたとして、後に生まれた弟妹が自分のために供養してくれたら、こんな嬉しい事ないですもん!

  4. あき より:

    私が二十歳のとき、26歳の上司が異動してきて仕事のイロハを教わりました。
    頭のキレがすごくて、でも変人で、皆から慕われる人で。
    家を継ぐため退職したあとも定期的に飲んだりしてましたが、ある日胸騒ぎがして連絡するも繋がらず。
    会社にかけたら急に亡くなったと。。
    可哀想に、とかは思わずただただ悲しくて淋しくて
    今でもよく思い出します。
    引き留めてしまうようでよくないかなと思いつつ、仕事で辛いときとか思い出します。
    そして悲しくて淋しくての繰り返し。
    あと3年もすれば上司の年齢を越えてしまいます。
    生死、人の人生ってなんなんでしょうね。

    • tsuratan tsuratan より:

      あきさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!
      はあー、仲良しだった分、それはお辛いですね(´・ω・`)
      しかも随分若くして亡くられたみたいですし。
      何かで「人はあらかじめ寿命を決めて生まれてくる」って読みました。
      なので、きっとその上司さんもご寿命だったのかも知れないですね。

      いや、思い出してしまうのは仕方のないことだと思いますよ。
      僕も折に触れて、亡くなった部下の事は今でも思い出してしまいますし(^ω^;)
      てか、変人だけど、慕われるって…これいかにw

  5. ゆきえ より:

    つらたん こんにちは

    ワタクシは 道路の端に花が供えてあったりすると…
    『かわいそうに どんな亡くなりかたをしたのかな…』と 思ってしまうような 子でした。

    …ある日 立て続けに 追突事故に遭い 三度目には ワタクシが 何故か追突事故を起こし…ワナワナと泣き崩れ…
    とにかく 精神的に自分をコントロール出来ないような そんな日々が続きました。心配した知人に連れて行かれた神社でご祈祷を受け…身体が後ろに引っ張られる状況に目を閉じて 手を合わせて耐えていると 今度は
    涙がポロポロ流れてきて…
    長い時間 別の祝詞も準備してきた と 神主さんがご祈祷してくださった経験がありました。

    それからは 道端の花を見ても 同情とか 感情移入しないように と 意識して生活しています。

    突然亡くなった方が ワタクシを 連れて行こうとしていたのかも…と 思うと なんとも言えない また 別の感謝がわいてしまうのも また 人間だからなのでしょうね…。
    ではでは またの更新を楽しみに待っております。ありがとうございました。

    • tsuratan tsuratan より:

      ゆきえさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!
      なるほど、つまり事故現場などで同情してしまい、連れてきちゃった的な感じなんですかね?
      で、事故が続いた、と。
      でも神社でお祓いしてもらって良かったですね(^ω^;)
      大事に至らなくて本当に良かったです。
      ゆきえさんの話を聞いて、僕も気をつけねばって思いました。
      ありがとうございます!

  6. アズライト より:

    つらたんさん、こんにちは!
    下手に肩入れすると良くないって言いますよね。なんだか冷たいな・・・と感じてしまうので難しいところではありますが。
    ただ、自分に降りかかってきたら、自分の周りの人まで巻き込んでしまうので、ある程度の割り切りは必要だと思うようにしてます。

    私はちょっと前まで職場の負のエネルギーを持ち帰って具合が悪くなったりとかしてました。玄関の盛り塩が溶けたときはさすがにビビりましたよ(゜ロ゜;ノ)ノ

    生きてる者同士にも通じる話だと思いますので、つらたんさんもお気をつけくださいw

    • tsuratan tsuratan より:

      アズライトさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます。
      そうみたいですね、あまり入り込んでしまうのはダメみたい。
      何事もほどほどって事なんでしょうね(^ω^;)

      なにそれ怖い!!w
      盛り塩が溶けるとか、なかなかないと思うけど、それだけのものが憑いてたってことですかねw
      えー、気を付けますー(´・ω・`)
      生霊が一番やっかいとか聞きますしね(^ω^;)

  7. 天狗堂 より:

    こんばんは!天狗堂です。

    これは正しい判断だと思います。テクニカルな話を置いておけば「平気な人もいるけど体質によっては危険だったりする」ということになるでしょうね。

    こういう時はあえて儀礼的な作法に任せる。これが一番だと思います。

    しかし居酒屋ですか…ルイーダの酒場をイメージしてしまいましたよwww

    • tsuratan tsuratan より:

      天狗堂さん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!
      あー、やっぱりそうなんですねー(´・ω・`)
      でも、やっぱ気持ちが伴うので、割り切るってのもなかなか難しくもありますが(^ω^;)

      はい!それはもう、まごう事なき「大衆居酒屋」でしたよwwww

  8. より:

    つらたんさん はじめまして!今晩は!◯と申しますm(_ _)m

    つらたんさんの記事も 皆さんのコメントも とても勉強になります!感謝(合掌)☆

    今度から おじゃまさせて下さいませ!

    有り難うございました!!(*´꒳`*)

    • tsuratan tsuratan より:

      〇さん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!
      ご訪問ありがとうございます(^ω^)
      はい、いつでも遊びに来てくださいね♪

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

帰省した田舎の駅でげっそり

ご先祖様、ごめんなさい・・・【先祖供養をした話 その2】

こんにちは! つらたんです。 前回の続きになります。 前回の記事はこちら →ご先祖様、ごめんなさい・・・【先祖供養をした話 その1】 昔お墓を新しくした際、古いお墓から新しいお墓にご先祖様の魂が移れて …

じいちゃんの遺影イラスト

ご先祖様、ごめんなさい・・・【先祖供養をした話 その1】

こんにちは! つらたんです。 だいぶ風邪が良くなってきましt… ( ゚д゚ );`;:゙; ゲッホガハッガハッガハッ 嘘です…まだ咳が止まりません… 皆さんも気を付けt… ( ゚д゚ );`; …

お地蔵さまのイラスト

初心者でも簡単に出来る!親族の霊を供養する方法

こんにちは! つらたんです! 最近めっちゃ寒いですね! 僕は昨日くらいからガチな風邪を引いちゃいまして…(;´д`) 今マスクをして鼻ずるずるでこれ書いてますw 今年の風邪は鼻と喉にくるんで、飯食って …

墓が見つからないイラスト

ご先祖様、ごめんなさい・・・【先祖供養をした話 その3】

こんにちは! つらたんです。 前回の続きを書いていきます! 前回の記事 →ご先祖様、ごめんなさい・・・【先祖供養をした話 その1】 →ご先祖様、ごめんなさい・・・【先祖供養をした話 その2】 お墓に行 …

やっと会えて良かったね!

ご先祖様、ごめんなさい・・・【先祖供養をした話 その5】

こんにちは! つらたんです! 今回で先祖供養のお話は最後です。 いやあ、長かったあ~(´-ω-`;) さて、先祖供養も全て終わりました! 前回の記事はこちらから →先祖供養をした話【その1】【その2】 …

レクタングル300×250バナー

ブログランキングタグ

ブログ村ランキングタグ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

FC2ブログランキングタグ

プロフィール


名前:つらたん

東京住みの30代。
「霊感ゼロ、無神論者、スピリチュアル?なにそれおいしいの?」状態だった僕に信仰心が芽生えるきっかけや体験などを書いてます。(´^ω^`)
プロフィール詳細

登場人物

登場人物:コージさん

つらたんの友達。
霊感がめっちゃ強く、とある先生の元で陰陽のお手伝いをしているようなガチなひと。僕がこっちの世界に入り込むきっかけを作った張本人。