霊感ゼロでも運気が上がる!ガチ初心者が綴るスピリチュアルな仏ブログ

不思議体験・神仏

4月8日はお釈迦様の誕生日だって知ってた?

投稿日:2017年4月6日 更新日:

お花祭り イラスト

こんにちは!
つらたんです。

最近すっかり暖かくなりましたね!

都内は今、桜がちょうど良い感じです!
八分咲き~満開?くらいかな。

なので今週末、桜が満開の神社かお寺に行って写真撮りたかったんですけど、なんか天気が悪い予報なんですよね…(´・ω・`)
やっぱ桜は青空じゃないと微妙だよなあ・・・(´-ω-`;)

まあ、写真撮ったらブログに上げようと思います(^ω^)

イマイチぱっとしない桜の写真をねwww
↑こうご期待w

 

さて、みなさん!

明後日4月8日は、お釈迦様のお誕生日だって知ってました!?

いやあ、僕ぜんっぜんそのこと知らなくて、今日仕事帰りに寄ったスーパーにその事が書かれていてはじめて知りましたw

危うくそのまま気づかないとこだった…(´・ω・`;)

僕、一応クリスマスと言うイエス・キリストの誕生日に生まれてるわけでして…

キリスト教の神様の誕生日に縁があるんだから、仏様の誕生日に気づいてもいいと思うんですけど、

全く考えもしませんでした!

ふぅ…やべーやべー
気付いてよかった… (つω-`;)-3

でね?
気になってちょっと調べてみたら、毎年この時期になると

「花祭り」

というお釈迦様の誕生を祝う行事がお寺で行われるらしいんです。

で、ネットで「花祭り」の画像を見た瞬間、

あれえ?なんかこれ、知ってる…

って思ったんですよね。




なんで知ってるんだっけ?(´・ω・`)

と思って、記憶を辿ってみると、

実は僕、先週参拝した「豊川稲荷東京別院」で、お花祭りを一通りやってましたwww

それも、意味も分からず無意識に!www

これがその時の写真なんですけど、

ね?
やってたでしょ?w

しかも、ちゃんと写真まで撮ってw

先週参拝した時、僕は、

「なんだ?この白テント。てか、これ邪魔だわ~。本堂の前にあるから、正面から本堂全体の写真撮れないじゃん!」

とか思ってました… (´-ω-`;)

ああああああ!
お釈迦様、先日はごめんなさいwwwww
知らなかったんですうううううう!!

 

どうやら「お花祭り」の時には、甘茶というお茶をお釈迦様の像にかけたり、甘茶が振舞われたりするとのこと。
これはお釈迦様が産まれた時に「九頭の竜が天から甘い水(甘露)を吐いて、その甘い水をお釈迦様の初めての産湯に使った」という伝説に基づいているそうです。

当時、意味は全く分かってなかったんですけど、

「なんだ?この油みたいなの」

とか思いながら、とりあえずお釈迦様の像に甘茶を3回くらいかけ、

「あ、お茶が用意されてる!ラッキー!」

とか思いながら、甘茶をコップ一杯頂きました。

なんという偶然wwwww

ちゃんとやってたwwwww

意味もわからないまま、一通りお釈迦様の誕生日をお祝いして、お茶飲んで、写真まで撮ってた僕って一体なんなん?w

※ちなみに、上の画像の奥に写っている青いものが、お茶が入ったタンクサーバーです。中に温かい甘茶が入っていて、小さめの紙コップが用意されていました。天然の自然な甘さでおいしかったですw




てなわけで、今回お釈迦様の誕生日と「お花祭り」についてでした!
てゆうか、僕みたいに失礼なことをしないように、事前にみなさんにお知らせしとこうと思ってw

4月8日は各地のお寺で「お花祭り」が催されるらしいので、この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか?
明後日8日は土曜日なので、平日じゃないから足を運びやすいんじゃないかな(^ω^)

僕は「お花祭り」限定のご朱印を頂けるお寺が結構近めのところにあるので、そこに行ってみようと思っています!٩( ˆωˆ )و

限定のご朱印頂いたら、ブログでご紹介しますね!

ではまたー!

ブログランキング・にほんブログ村へ

レクタングル

レクタングル

-不思議体験・神仏
-, , , ,

執筆者:


  1. 11 より:

    こんばんは(^-^*)/
    知らない間にお釈迦様のお誕生日をお祝いしているつらたんさんすごい!守護霊様が教えてくれたのかもしれませんね。
    自分も先週行った不忍池の弁天様で初めてお祝いしましたよ。甘茶をかけている間、頭の中でハッピーバースデーの歌が止まりませんでした(^^;

    今日は先週行けなかった高尾山に行ってきました。もちろん駅から1号路を歩いて!かなりの急勾配が何か所もありましたが、息も絶え絶え立ち止まりつつ樹齢数百年の大木に涎を垂らしながら登っても1時間かからない距離でした

    9:30の護摩に参加してきましたが、畳に直正座タイプなので慣れないとキツいですね。護摩終了後に普段は見られない奥のご本尊様に直接お参りできるのは参加者特権♪塗香を一つまみ頂けるのが本格的で(・∀・)イイ!
    平日朝のせいか参加者も10人程で、「これが本当に高尾山?」と思う程ひっそりとしていました。イイ・・・。0感なので天狗様の気配は感じられなかったもののTVで見る高尾山とは大違いの気持ちの良い参拝ができました
    以上、勝手に小レポートでしたm(_ _)m

    • tsuratan tsuratan より:

      11さん、こんばんは!
      そうなんですよー、調べてて「あ、これこの前やったな」みたいなw
      なんだろこれとか思いながらも、一通りやっといて良かったですw
      頭の中でハッピーバースデーwww
      もちろんサンスクリット語で歌ったんですよね?w

      おおおおお!ついに行かれたのですね!高尾山!!
      いいないいなー行きたいなー(´・ω・`)
      なんかレポート読んでると行きたくなっちゃいますねー!気持ち良い時間が過ごせてよかったです(^ω^)
      てか、見えなくてもきっと天狗いたんじゃないですかね?高尾山はめっちゃ居るらしいですからね!
      僕も行こうかなー、高尾山(^ω^)

  2. カリカリ より:

    はじめまして。
    いつもブログを楽しく拝見させていただいています。
    4月8日に愛知県の豊川稲荷に行ってきました。「お花祭り」やっておりました☆
    私もお釈迦さまの誕生日をお祝いできて良かったです。
    (о´∀`о)
    これからもブログ楽しみにしてます。

    • tsuratan tsuratan より:

      カリカリさん、はじめまして!
      コメントありがとうございます!
      本家の豊川稲荷、行ってきましたか!うわあ、いいですねー!
      僕はまだ愛知のほうは行ったことがないので、うらやましい!
      愛知の豊川稲荷もお花祭りやっていたってことは、東京別院と一緒でやっぱりお寺なんですね。僕も今日お釈迦様の誕生日お祝いしてきました。
      こちらこそ、宜しくお願い致します!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブログ95 アイキャッチ

神様・仏様からの歓迎サインとは?神社お寺で体験した合図・現象まとめ

こんにちは! つらたんです! 僕がコージさんと出会い、神社仏閣に通いだしてから1年ちょっとが経ちました。 御朱印帳は現在7冊目! もらい過ぎじゃね!? って感じですがw ブログを読んでくださっている方 …

母、超健康体

【不思議体験】父に続いてまたもや奇跡?母にまつわる不思議体験

こんにちは! つらたんです。 なんかもう各地でだいぶ桜が咲いているみたいですね! まだちゃんと桜が咲いてるとこ見てないので、都内は来週くらいかなあ? はあああああ、花見してえwww ジタバタ ヾ( …

母からの電話のイラスト

【不思議体験】願いが通じた!父にまつわる不思議体験

こんにちは! つらたんです。 以前の記事で、霊感のカケラもない僕が信心深くなっちゃったキッカケを書きました。 その時の記事はこちら →霊感ゼロの僕が神仏の世界に目覚めちゃった件/その2/その3/その4 …

諏訪大社の神様のイラスト

【神様のお導き】諏訪大社の神様からご縁とお導きを頂きました!というお話

こんにちは! つらたんです! ちょっと皆さんにご報告がありまして!!(^ω^) 記事タイトルで大体察しがつくと思うんですけど、どうやら僕に諏訪大社の神様から粋な計らいがあったみたいなんですよ! 僕自身 …

悲鳴をあげるつらたん

神さまも個性いろいろ!っていうコージさんから聞いたお話

こんにちは! つらたんです。 今回はコージさんから聞いた神様・仏様の個性についてちょっと書いていきます。 一般的に神様っていうと、神聖な感じで懐が深くて寛容なイメージありますよね? 僕もそういうイメー …

レクタングル300×250バナー

ブログランキングタグ

ブログ村ランキングタグ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

FC2ブログランキングタグ

プロフィール


名前:つらたん

東京住みの30代。
「霊感ゼロ、無神論者、スピリチュアル?なにそれおいしいの?」状態だった僕に信仰心が芽生えるきっかけや体験などを書いてます。(´^ω^`)
プロフィール詳細

登場人物

登場人物:コージさん

つらたんの友達。
霊感がめっちゃ強く、とある先生の元で陰陽のお手伝いをしているようなガチなひと。僕がこっちの世界に入り込むきっかけを作った張本人。