霊感ゼロでも運気が上がる!ガチ初心者が綴るスピリチュアルな仏ブログ

ぶらり寺社巡り 神社 茨城県

封印された星の神様を祀る!茨城県日立市【大甕神社】行ってみた!ぶらり寺社巡り

投稿日:2017年9月8日 更新日:

こんにちは!
つらたんです!

今回は、茨城県日立市にある
「大甕神社/おおみかじんじゃ」をご紹介します!( ´ω` )ノ

これまで日立市の神社は「御岩神社」「泉神社」をご紹介しましたが、今回ご紹介する大甕神社も自然溢れるおすすめの神社です。

人のたくさん来るような観光神社ではなく、遥か昔から鎮座している荘厳な雰囲気の神社(僕の大好物w)で、ちょっと珍しい逸話なんかもあり本当におすすめ!

以前にご紹介した神泉のある「泉神社」もすぐ近くにあるので、一緒に参拝するのもいいかも!
関連記事:ぶらり寺社巡り!茨城県日立市【泉神社】に行ってみた!

パワースポットとしても結構有名みたいですよ♪

てなわけで、大甕神社について書いていきたいと思います(^ω^)




1. 大甕神社のご由緒

まず最初に、大甕神社のご由緒について書きたいと思います。

こちらの神社をご紹介する上で、ご由緒が欠かせないんですw

この神社の場合は特に、御祭神にまつわる話を知っているのと知らないのとでは、参拝時の楽しさ具合がガッツリ変わってきます!(^ω^)

1) 大甕神社とは?

大甕(おおみか)神社は、茨城県日立市に鎮座する神社。

大甕倭文(おおみかしず)神宮とも称されます。

創祀は不明だそうですが、日本神話の中で、神武天皇即位より前の「神の治めた時代」まで遡るそうです。

すっげえなオイ!( ºωº ; )

神社自体は、元禄8年(1695年)に徳川光圀の造営によって整えられたそうです。

実はこちらの神社、2柱の神様をお祀りしているんですが、全国的にも珍しく面白い逸話がある神社なんです。

2) ご祭神 その1:武葉槌命(たけはづちのみこと)

ご祭神お一人目は「武葉槌命 (たけはづちのみこと)」という織物の神様です。

「倭文神(しずりのかみ)」とも呼ばれ、神社名の由来ともなっています。

倭文と言うのは「織物」のことを指します。

鹿島神宮のご祭神である「武甕槌命 (たけみかづちのみこと)」と共に常陸国 (ひたちのくに) を平定し、日本民族を一つに纏め上げた日本建国の神様とのこと。
性別は女性だそうです。

3) ご祭神 その2:天津甕星(あまつみかぼし)

で、お二人目のご祭神が、地主神「天津甕星(あまつみかぼし)」という星の神様です。

別名を「天香香背男 (あめのかがせお)」「星神香香背男(ほしのかがせお)」とも呼ばれる男性の神様です。
この神様は「古事記」には登場せず、「日本書紀」にのみ登場するそう。

社伝によると、彼は常陸国(ひたちのくに)の大甕山に住んで、東北地方を支配していたそうです。

4) 大甕神社にまつわる逸話

でね、何が面白いかと言うと、この香香背男という神様。

すっげえ暴れん坊だったので、武葉槌命によってここ大甕の地に封印されちゃったんですよねw

香香背男はかなり猛々しい神様で、日本書紀で唯一「悪神」とも呼ばれている神様なんですけど、キレた武葉槌命が、香香背男の荒魂を岩山に封じ込めちゃったんだってw

てか、女神様www

織物の神様なのに、強すぎるんだけどwww

 

その香香背男を封じ込めた岩山を「宿魂石(しゅくこんせき)」と言い、香々背男が石に化したものと伝えられているそうなのですが、なんとこの宿魂石は大甕神社に実在しています!(しかも登れますw)

そして、その宿魂石の上に建葉槌命を祀る奥宮を鎮座させ、香香背男を抑えている場所こそ「大甕神社」なんですよねw

なんか面白くないですか?w

 

実際に宿魂石が神社の境内に実在してて、まさに封じられている場所そのものってすごい!(`・ω・´)

なかなかないよね、こういう神社w

なぜ封じられたのかというのは諸説あるそうですが、

まあ、言う事きかなかったんでしょうねw

悪ガキみたいな感じでw

2. 大甕神社へのアクセス

大甕神社へのアクセスですが、JR大甕駅から徒歩20分くらい。

遠方の方はJR常磐線で行くことになるかと思いますが、駅から少し遠いので、泉神社同様、車で行くのが一番楽かなと思います。
駐車場もあります。

車の場合は、国道6号線沿いに鳥居と看板が出ているので、すぐ分かると思います。
※画像手前の道路が、国道6号線です。

鉄道の場合は、鈍行か特急ひたちで大甕駅まで向かい、あとは徒歩・バス・タクシーのいずれかで行く形になります。

3. 大鳥居

こちらが、大甕神社の入口にある大鳥居です。

白いコントラストが綺麗ですねーo(゚∀゚*)o

今回が初めての参拝なので、地元人としてはお恥ずかしい限りですが…(^ω^;)

ちなみに、鳥居の左側に二人が寄り添う形の石像がありました。

特に何も書かれていなかったんですけど、これって「万年太夫(まんねんだゆう)」かな?

万年太夫ってなんぞ?

日立市には「諏訪神社の万年大夫」っていう伝説があるんですよ。

どんな伝説かと言うと、

万年太夫と諏訪の水穴(みずあな)

日立市には、長野県諏訪湖に通じると言われている「諏訪の水穴」という鍾乳洞の洞窟があります。

その事から、「諏訪」と名付けられた建長2年(1250)創建の「諏訪神社」という神社が近くにあるんですが、その神社の創設者が「万年太夫 藤原高利」なんです。

万年太夫は自ら自分たち夫婦の像を掘って社に納め、その後万年太夫夫婦は「諏訪湖に繋がっている」という伝説を確かめるべく、諏訪の水穴に入りました。

洞窟内の水流に少しづつもみ殻を流し、洞窟入口で見張らせた村人に生存を知らせていたそうですが、7日後にもみ殻は流れてこなくなり、夫婦も帰ってこなかったという伝説です。

諏訪神社には、今もその夫婦像が安置されています。

その後、江戸時代に探検に出かけた人の遭難が相次ぎ、入洞禁止になったそうな。

僕自身、この水穴はなんかいい感じがしないので近寄ったことはないのですが、なんか直感で、

この石像は万年太夫かな?

って思いました。

↓こちらがその「諏訪の水穴」です。

↓こちらが万年太夫の木像。

↓こちらが日立市にある諏訪神社です。

ちょっと思い出したので書いてみましたが、実際のところ、大甕神社の石像は万円太夫なのかなあ?w

ちなみに、諏訪の水穴の謎は未だに解明されていません。怖すぎ!!

 

さて、話が逸れましたw

大甕神社の鳥居をくぐって、参道を歩いて行きます。

しばらく歩くと、手水舎があり、

その正面に大甕神社の拝殿があります。

4. 大甕神社 拝殿

こちらが、大甕神社の拝殿です!

佇まいが渋いっすねwww

え?これって本殿じゃないの?(´・ω・`)

と思われるかも知れませんが、本殿はまた別にあるんで、後程ご紹介します。

因みに、国道沿いの大鳥居以外にも裏鳥居(↓)があり、こちらから境内に入ると目の前が拝殿になります。

拝殿の右側には階段があるので、そこから拝殿の上にある本殿に行く事が出来ます。

足場はあまり良くないですが、そんなに段数がないので大変ではないです。

そしてそして!

その石段の途中にあるのが御由緒でも書いたあの石です!( ‘ω’ )

5. 宿魂石 (しゅくこんせき)

石碑に「宿魂石」と書かれています。

もう一度書きますが、この石そのものが「宿魂石」という訳ではないですよ?w

この辺りの岩山全体が香香背男が封印されている「宿魂石」となります。

そのまま石段を登っていくと…

は?( ºωº ; )

なんだこりゃ…

石段が突然途切れ、目の前にはむき出しの岩肌と鎖…

完全に崖じゃーん…(›´-`‹ )

みたいなw

僕もこの時が参拝するの初めてだったので、最初かなりビックリしましたw

えーとですね、つまり本殿を参拝するには、鎖を辿ってこの岩を登る必要があるんですw

なかなかハードwww

とは言え、全然高くないですし、そんなに時間もかかりません。(5分くらいかな)

神社でちょっとしたロッククライミングという、貴重な体験が出来ると思えば…ね?w

「宿魂石」と呼ばれる岩山をアドベンチャーっぽく登っていく訳ですが、登れない方の為に先ほどの拝殿があるので大丈夫です。

登られる方は、必ず運動靴で!

6. 大甕神社 本殿

ようやく、武葉槌命 (たけはづちのみこと)が祀られている、大甕神社の本殿が見えてきました!

そしてついに到着!

こちらが大甕神社の本殿です!

本殿は意外と小ぶりですね( ´ω` )

でも、そよぐ風と葉の擦れる音、岩山を登った達成感が味わえてかなり癒されます!

泉神社の湧泉にしても、大甕神社のロッククライミングにしても、御岩神社の登山にしても、茨城の神社は自然が直で味わえるのが好きですね♪

都内の神社は整備されてて楽に参拝できるけど、人工物が多くてなかなかこういう体験は出来ないです(^ω^)

これこそ、田舎の醍醐味!!w

 

ちなみに、本殿からは下に向かう階段があり、社務所のほう(拝殿とは逆方向)に降りることが出来ます。

その降りた先にあるのが、こちらの神社!

7. 甕星神社 (みかぼしじんじゃ)

このお社こそ、悪名高い「香香背男」が祀られている甕星神社 (みかぼしじんじゃ)です。

木札に御祭神として「甕星香々背男大神」と香香背男の名前が書かれていますが、さすがは星の神様!

お社の屋根に★」マークがついていますw

なんか西洋っぽいマークが、めっちゃ和風のお社に付いてるのってなんか不思議な感じですねw

8. 大甕神社境内社 天満神社

大甕神社の境内には「天満神社」の境内社があります。

つまり、菅原道真を御祭神とする「天満宮」なので、学問の神様ですかね?

たぶん…w

9. 大甕神社 境内樹叢(けいだいじゅそう)

大甕神社の見どころは神社だけでなく、

境内の樹叢(じゅそう)も一見の価値ありです!

樹叢(じゅそう)というのは、植生ではなく、自生した樹木が密生している林地のこと。

神社にある立派な木って、僕的にめちゃんこ癒されるんですよね~(´Д`*)

大甕神社の樹叢は、昭和46年4月22日に「日立市指定文化財天然記念物第一号」に指定されており、大きなもので幹周が3.5メートルもあるそうです。

てなわけで、大甕神社の樹叢写真をばw

ホントこの木々の癒し…

んwwwたまらんwww

10. 儀式殿 (社務所)

境内の中で何気に、

一番立派なんじゃねえか!?(´°д°`)

ってなるのが、この社務所を兼ねた儀式殿ですw

こちらで御朱印や、御守り、絵馬などが頂けます。

11. 大甕神社の御朱印

こちらが、大甕神社で頂いた御朱印です!

神社の御朱印と、香香背男の御朱印の2種類がありました。

ああ~、僕、こういうシンプルで達筆でごっつい御朱印が大好きなんですよねー

御岩神社の御朱印と同じくらい好きですw

初穂料は、各300円でした!

12. 大甕神社には、他にも御祭神が…?

境内をプラプラしていると、ふと目についたのが…

!! Σ(´°д°`)

お…お鼠様…!?

さらに、プラプラ歩いていると…

!? Σ( ºωº ; )

お狸様…!?

さらに、プラプラ歩いていると…

!??Σ(゚д゚ ; )

お…お犬様まで…

めっちゃこっち見てはるwww

か… かわE (*´Д`*)-3

とりあえず、なんか境内に色々いましたw

 

さて、大甕神社には、神社境内の外にも「久慈浜稲荷神社」「祖霊殿」という2つのお社があるので、今回はそちらも参拝してきました。

13. 久慈浜稲荷神社

大甕神社の大鳥居を出て、国道6号線の反対車線側に見えるのが「久慈浜稲荷神社」です。

イ…イケ狐…///

久慈浜と言うのはこの辺りの地名なんですけど、確かもうちょっと海に近い辺りの地区だった気がします。

こちらの神社の御由緒は分からなかったんですが、このお社はもともと久慈浜の古墳脇に鎮座していた事から通称「塚のお稲荷さん」と呼ばれていて、旧暦の初午(3月)に初午祭が斎行されるそうです。

14. 祖霊殿

「久慈浜稲荷神社」の鳥居左側に「祖霊殿参道」があります。

この参道をどんどんどんどん進んでいくと…

見えてくるのが「祖霊殿」というお社です。

こちらは、大甕神社の氏子さん達の先祖の霊を祀ったお社みたいですね。

平成元年に建立され、結構新しいお社だそうです。




と言う訳で、今回は茨城県日立市にある「大甕神社」をご紹介しました!

もっと早くご紹介したかったんですけど、なかなか書く時間が取れなくて、今になってしまいました(^ω^;)

星の神様と織物の神様…

なんだか七夕物語を彷彿させますが、話の内容は全然穏やかじゃないって言うね!w

ちなみに大甕神社、最近では「君の名は」の小説の方でチラっと登場したりなんかしてるらしくて、その関係で参拝に来られる方もいらっしゃるとか!

新海誠作品の影響力… 恐るべし!w

こちらの神社は、穏やかな風を感じながら、自然の中でプラプラ散歩するには最高の神社です!

めっちゃ癒されますので、もし機会があれば是非参拝してみてくださいね!

ではまたー!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



大甕神社 (大甕倭文神社)
〒319-1221 茨城県日立市大みか町6丁目16−1
TEL:0294-52-2047

レクタングル

レクタングル

-ぶらり寺社巡り, 神社, 茨城県
-, , , ,

執筆者:


  1. 11 より:

    こんばんは*´ェ`)ノ

    由緒あるけれど観光客で溢れるわけでもない、地元民に愛され神社シリーズは良いですね
    逸話も面白いし宿魂石!!にロマンを感じます。鎖場とか樹叢とかもワクワクしますね(*´∀`*)

    武葉槌命という神様は初めて知りました。武神っぽい名前に似合わず織物の神かぁ・・・
    と思ったら、やっぱり武闘派w
    別名「天羽槌”雄”神」って・・・「大西賢示」的な御方を想像してしまいます(゚∇゚ 😉

    そういえば入口の「万年太夫?」像は、おそらく「双体道祖神」ではないかと
    サルタヒコとアメノウズメがモデルらしいです
    しかし、万年太夫の逸話も初耳でした。諏訪湖と日立市が繋がっているとは!
    茨城には諏訪の建御名方神の仇敵、建御雷神が鎮座していますし、
    何か意味があるのかもしれませんね

    詳しいレポートと興味深いお話ありがとうございました(*^▽^*)

    • tsuratan tsuratan より:

      11さん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!
      そうなんですよー、歴史があるのに人が少ない静かな神社は本当に癒されます。
      なんていうか、神社でしか味わえない清々しさをしっかり感じられる感じ!

      そうそう、強そうな感じの神様なのに女性で織物…
      当時からギャップ萌えってあったんですかね?w

      調べてみたら、これは仰る通り「双体道祖神」みたいですね(^ω^;)
      教えて頂き、ありがとうございます!
      あの地域で二体の偶像って万年太夫しか見たことなかったので、てっきりそう思っちゃいましたw
      まだまだ僕も勉強不足です( ´ω`; )

  2. アキ より:

    はじめまして。千葉住のアキです。
    普段豊川稲荷東京別院を贔屓にしてます。 
    過去記事から読み始めてますが
    読みやすく、興味のわく記事が多いですね!

    姪っ子さんがお墓をつくってた記事を見て思い出したけど、私も小さい頃
    既に亡くなった曾お祖母さんのお墓をよく作ってたみたい。
    未だ独身。なんかいみがあったのかなぁ
    恋愛はするけどすぐに騙されてしまうんですね。
    ルーツ辿ってみようかな。。

    • tsuratan tsuratan より:

      アキさん、こんにちは!
      ご訪問頂き、ありがとうございます!
      僕も豊川稲荷東京別院大好きです(^ω^)
      過去記事にも書いていますが、特に宇賀神様とダキニ天様にはお世話になったので、またご挨拶に行かねば!と思ってます。

      アキさんもお墓作ってたんですかΣ(゚д゚ ; )
      しかも、会ったことのないひいお婆さんピンポイントってすごいですね!
      何かメッセージがあったのかも?
      ルーツ辿ると、何か理由が分かるかも知れないですし、今まで知らなかったご先祖様の事も分かるので、やってみて損はないと思いますよ!
      僕も先祖関係で豊川稲荷の神様にお世話になったので、アキさんもルーツ辿る時に豊川稲荷の神様にお願いしてみてもいいかもですね(^ω^)

  3. みーと より:

    大甕神社はよく国道を車で通過してばかりで失礼しておりましたが、こんなに素敵な神社だったんですね。ぜひ行ってこようと思いました。
    クライミングで参拝なんて、お正月とか人が多いときはちょっと恥ずかしいので人気のないときに(笑)
    あとあとすみません、御岩神社のコメントで慣れないタブレットで入力してて誤字脱字多くなったまま 本当にごめんなさい。

    • tsuratan tsuratan より:

      みーとさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!
      そうそう、僕もなんですよー。
      昔からよく車で6国(石名坂)辺りを通ってたんですけど、通過してばっかりでw
      この時が初めての参拝だったんですよね(^ω^;)

      お正月は分かりませんが、基本参拝者がそんなに多くないので、思う存分ロッククライミングできると思いますよw
      僕が行ったこの日はゴールデンウィーク中だったんですけど、だれも岩登りしてなくて、僕だけでしたw

      いえいえ、お気になさらず(^ω^)
      コメントを頂けるだけで嬉しいです♪

  4. みーと より:

    つらたん様 昨日泉神社と大甕神社に行って参りました。
    ロッククライミングをして上がって本殿まで行けましたぁ。私が上がったあとを拝殿で手を合わせていた60代ぐらいのご婦人があがってらして私が登っているのを見て近くにいた神社の方に聞いて本殿まで上がれることを知ったそうですが、この女性地元の方で御札を返しに来ていて毎年お参りしてて初めてこの岩山を知ったそうです。とても喜んでおられました。すてきな出会いのきっかけをつらたん様にいただきました。 この星の神様のご朱印は金色で書いてあり見本の黒い筆文字とはちがってまたまたレア感がありましたぁ。ありがとうございました。

    • tsuratan tsuratan より:

      みーとさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!
      そんなに長くはないけど、結構ロッククライミングですよねw

      えー、毎年来ているのに知らなかったとはwww
      そのご婦人に喜んでいただけたと聞いてホッコリしました。
      神社でそのような出会いがあると、気持ち良いですよね(^ω^)

      僕も参拝した時、金字で御朱印頂けるのかなと思ってたんですけど、フツーの御朱印だったんですよね…(´・ω・`)
      なんでや?w

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブログ98のアイキャッチ

関東三大不動のひとつ!日野市【高幡不動尊 金剛寺】行ってみた!ぶらり寺社巡り

こんにちは! つらたんです! 最近ねえ…じわじわと出てきましたよ… 花粉症の野郎が!!(´;ω;`) 昨年の夏は長雨が続いて日照不足だから、今年の花粉は少ないって池上彰先生が言ってたのに… 話がちがう …

よだれを垂らすつらたん

今月浜松の【秋葉神社】に行ってくるよ!

こんにちは! つらたんです! コージさんから「呼ばれてるよ」と教えてもらった神社仏閣があるのですが、実は2箇所ありまして。 1箇所は以前「ぶらり自社巡り」の記事で書いた 浅草の「待乳山聖天」 記事はこ …

高尾山 天狗

ぶらり寺社巡り!東京の自然スポット【高尾山薬王院】行ってみた!その2

こんにちは! つらたんです。 さてさて、東京都八王子市にある自然豊かな癒しスポット「高尾山薬王院」の続きです! 関連記事:ぶらり寺社巡り!東京の自然スポット【高尾山薬王院】行ってみた!その1 山道を登 …

ブログ102 アイキャッチ

「八百屋お七」で縁結び!?目黒区【大圓寺】行ってみた!ぶらり寺社巡り

こんにちは! つらたんです! 突然ですが皆さん「八百屋お七」の話ってご存知ですか? 恐らく「お七」という名前は聞いたことがある方も多いと思います。 詳しいエピソードは記事内でご紹介しますが、実は今回ご …

浅草神社 御朱印の行列

7月7日の七夕限定御朱印!浅草【浅草神社】にまた行ってみた!ぶらり寺社巡り

こんにちは! つらたんです。 えー、前回記事に書いたばかりの「浅草神社」ですが、今回また参拝してきました。 前回は、夏詣(7月1日~7月7日限定)の御朱印を頂くべく、浅草の「浅草神社」と「浅草富士 浅 …

レクタングル300×250バナー

ブログランキングタグ

ブログ村ランキングタグ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

FC2ブログランキングタグ

プロフィール


名前:つらたん

東京住みの30代。
「霊感ゼロ、無神論者、スピリチュアル?なにそれおいしいの?」状態だった僕に信仰心が芽生えるきっかけや体験などを書いてます。(´^ω^`)
プロフィール詳細

登場人物

登場人物:コージさん

つらたんの友達。
霊感がめっちゃ強く、とある先生の元で陰陽のお手伝いをしているようなガチなひと。僕がこっちの世界に入り込むきっかけを作った張本人。